トピックストピックス

  1. HOME
  2. トピックス一覧
  3. トピックス詳細

【ドラゴンアイ観察日記】

掲載日:2018/05/20

NEW! 注目

今年のドラゴンアイは5月下旬~6月上旬が見頃?

SNSやテレビで話題になった、雪解け時期の絶景「八幡平ドラゴンアイ」。
今年は積雪量が多かったので、見頃は6月上旬頃になるかもしれません。
自然が起こす神秘「ドラゴンアイ」は、いつでも決まった時期に出来るとは限りません。
日々の変化は自然ガイドステーションよりご報告できるようにいたします。

ドラゴンアイが “できるまで”

2016年に撮影した画像を基に、出来始めから終了するまでを解説とともにご紹介します。

2016年5月16日撮影 ドラゴンアイの出来始め

 表面に黄砂やチリ等の汚れが目立ち、水が黒く見える。水底ではなく、水そのものが濁っている。

2016年5月20日撮影 ドラゴンアイの最盛期

水面がライトブルーになり、綺麗な状態。水の中の汚れが沈殿して水底雪面に砂粒ほどの塊となっている。 雪面上に極小の穴が見受けられ、日光を受けた沈殿物の温度上昇で水底雪面を溶かしたと思われる。

2016年5月29日撮影 ドラゴンアイ終盤

 中心部より水面が見え始める。 汚れの沈殿が進み、ライトブルーの水面がより鮮明になる。

2016年6月6日撮影 ドラゴンアイ終了

 雪面の厚さが薄い中心部より水面が広がる。 雪面上の穴が大きく荒れた状態になる岸寄りには、一部ライトブルーの水面がドラゴンアイの痕跡として残る。

2016年6月10日撮影 ドラゴンアイ終了後の鏡沼

 中心部の水面がより大きく広がる。 上の写真を見ても解る通り、向こう岸側の雪が無くなっているので、沼の水底の状況が手前側が浅いと思われる。

2018年ドラゴンアイ観察日記

2018年4月21日(土) 今年1回目の観察時の写真です。
左:八幡沼、中央:ドラゴンアイ(鏡沼)、右:八幡平頂上展望台

まだまだ雪が多く、展望台の左脇に『八幡平頂上』と書かれている木柱碑は
まだ「八」の字しか見えていない程の雪深さです。
※鏡沼の上を歩いた形跡が見受けられました。
 雪深いとは言え、雪の下は釡状の沼があり、すぐに救助が駆けつけられる場所ではありません。
 竿(ピンクの紐が付いた棒)から外れて歩く行為は大変危険です。

2018年5月1日(火) 今年2回目の観察時の写真です。
左:八幡沼、中央:ドラゴンアイ(鏡沼)、右:八幡平頂上展望台

雪はまだ多いですが、展望台の左脇の『八幡平頂上』と書かれている
木柱碑が
「八幡平」まで見えてきました。
八幡平山頂付近の八幡沼も徐々に周りから溶けだしています。

ドラゴンアイ(鏡沼)も水が浮きだし、まるで竜が「目覚めた」ようです。
 これから雪解けが進み、リング状になる事を祈りつつ観察を続けていきます。

2018年5月6日(日) 今年3回目の観察時の写真です。
左:八幡沼、中央:ドラゴンアイ(鏡沼)、右:八幡平頂上展望台

5月4日・5日と連日、八幡平アスピーテライン・樹海ラインが積雪による通行止めでした。
1度解けた部分に積雪⇒積雪部分が凍る⇒日差しで融雪する、という雪解けとなっています。
雪はまだ多いですが、展望台の左脇の『八幡平頂上』と書かれている
木柱碑が
「八幡平 頂」まで見えてきました。
八幡平山頂付近の八幡沼は、2日連続の積雪で
逆戻り。
ドラゴンアイ(鏡沼)は浮き出していた水が積雪と連日の強風で凍り、まぶたが少し閉じた形に。
 これから雪解けが進み、リング状になる事を祈りつつ観察を続けていきます。

2018年5月13日(日) 今年4回目の観察時の写真です。
左:八幡沼、中央:ドラゴンアイ(鏡沼)、右:八幡平頂上展望台

やっと八幡平アスピーテラインの積雪・落石による通行止めが解除となりました。
雪はまだまだ多いです。今年は例年より積雪量もあり、なかなか雪解けが進んでいないようです。
展望台の左脇の『八幡平頂上』と書かれている木柱碑が
「八幡平 頂上」まで見えました!
八幡平山頂付近の八幡沼は、水深の浅い部分から徐々に解けてきました

ドラゴンアイ(鏡沼)は浮き出していた水中の汚れが徐々に沈殿してきているようです。
少し青みがかり、丸みを帯びた三日月形になってきました。
 沼の雪解けの進み具合が早いように感じられ、例年に比べて少し低い位置にドラゴンアイが出来そうです。
リング状になる事を祈りつつ観察を続けていきます。

2018年5月20日(日) 今年5回目の観察時の写真です。
左:ガマ沼、中央:ドラゴンアイ(鏡沼)、右:見返り峠からの眺望

八幡平アスピーテラインの積雪・路面凍結による通行止めが12:00に解除となったので観察に行ってきました。
積雪量は少なくなってきたようですが、ホテル付近や山麓で風雨など天候が良くない日は
山頂で積雪となる場合がある為、今の時期は積雪や路面凍結による通行止めになる事があるんです。
日記初登場の八幡平山頂付近にあるガマ沼は、水深の浅い部分・中央部から雪解けが進み、沼の水が見えています
1番右の写真はガマ沼から山頂レストハウスへの帰り道の“見返り峠”での1枚。

澄んだ青空に木々の緑、残雪の白が美しい写真が撮れました!晴れた日はこのような景色を観る事ができますよ!
ドラゴンアイ(鏡沼)は積雪により浮き出していた水の表面が凍ってしまいました。
少し青みがかり、丸みを帯びた三日月形はそのまま。
 例年に比べて天候不良による積雪が頻繁に起こり、なかなか雪解けが進んでいないように感じられます。
今年のドラゴンアイはいつ頃観られるでしょう?期待して観察を続けていきます。

ページTOPへ