景観

国立公園八幡平は、複数の火山によって形成された火山性高原で、 八幡沼をはじめとした湖沼や湿原が点在する、穏やかで雄大な 山岳景観が特徴

岩手県と秋田県にまたがり、壮大な景観を見せる八幡平地域は、日本でも有数の火山地域です。火山現象と冬季の多雪条件が長い時間をかけてつくりだした、多くの湖沼と湿原や、多様な生態系が魅力の公園です。
また、多くの温泉に恵まれていることも、本公園の大きな魅力となっています。

八幡平は高原状の地形と山頂至近まで車で訪れることができ雄大な山岳景観を気軽に楽しめるエリアです。
火山が生み出した地形とそこに生育する多種多様な動植物が織り成す景観は時に「奇跡の絶景・ドラゴンアイ」と呼ばれる独特な風景や、活発な火山活動で噴気や噴泥など地球の鼓動を見聞きできたり、一度は見てみたい。体験してみたい。そんな景観に溢れる国立公園です。

ページTOPへ