八幡平の自然

HOME > 八幡平の自然

春/雪の回廊

除雪を終えた道路の両側に数mの雪の壁が出現!崩れ落ちないよう垂直に切り立った雪の壁の眺めは壮観です。県境の見返り峠を中心に、岩手県と秋田県をまたぐ約27kmの道路が、冬の通行禁止期間を経て、春に開通を迎えます。太陽の光を受けて眩しいほど真っ白な雪の回廊と、晴れやかな青空とのコントラストは圧巻です。

春/上坊牧野の一本桜

上坊牧野に咲く一本桜。“南部富士”岩手山の雄大な景色をバックに、可憐ながら力強く咲く姿は、全国に数ある一本桜のなかでもひときわ美しい姿で訪れる人を楽しませています。種類は、花を咲かせる様子が霞がかっているように見えることからその名がついたと言われる「カスミザクラ」。周辺には駐車場が無いのでご注意ください。

春/水芭蕉

初春から咲き始めるミズバショウ。湿原の多い八幡平では、ミズバショウの群生地が多くあります。雪解けと共に明るい緑の葉と純白のガクが少しずつ顔をのぞかせ、雪がほとんど無くなる頃には、花盛りとなり帯状に広がる見事な眺めを堪能できます。「七時雨の里」や「横間」、「御在所湿原」など、八幡平のいたるところで見られます。

夏/高山植物

八幡平は広大な自然の宝庫。山頂付近は高山植物の群落で別名、天空の楽園と称されています。キヌガサソウ、チングルマ、シラネアオイ、ハクサンチドリなど、春から夏にかけて散策しながら季節ごとの花の移り変わりを楽しむことができます。また、当スキー場のゲレンデには1万6000球のユリを植えており、日本でも珍しい種類のユリも見られます。

秋/紅葉

一年を通して雄大な自然美を満喫できる八幡平は、紅葉シーズンも見どころ満載。ブナ・ナラ・カエデ・モミジなどの落葉樹が多く、清流と共に見せる渓谷美は、まさに絶景。特に松川渓谷にある「森の大橋」からの景観は、全国から撮影に集まるほど人気のスポットです。アスピーテラインのドライブもカーブを曲がる度に素晴らしい景観に出会えるのでおすすめです。

ページTOPへ